治療方法

頭を押さえる男性

薄毛は、最近では年齢、性別関係なく多くの人が悩む症状になってきています。
したがって、その悩みを解消する薄毛治療の方法もいろいろな方法が知られてきています。
まず、薄毛治療ときいて思い浮かべるのは「植毛」や「薬物治療」ではないでしょうか。
それらの技術も進化してきているのに加え、最近では頭皮に発毛に必要な成分を直接注入するという「再生療法」も知られてきています。
これらの薄毛治療は具体的にどのようなものなのかを知っておきましょう。

まず、「植毛」です。
植毛は、簡単に言うと頭皮に直接毛髪を植えこむ治療法のことです。
人工毛髪を植えこむ場合と、自分の髪の毛を植えこむ場合とがあります。
少し前までは「植毛=メスを使う怖い手術」というイメージもありましたが、現在では技術が発達してきており、痛くない植毛治療が主流となってきています。植え込んだ髪の毛は少しずつ定着していき、最終的には他の髪と同じような見栄えになっていきます。ですので、仕上がりも自然なのが特徴です。

次に、薬物療法があげられます。
「薬物療法」は、その名の通り発毛・育毛効果のある薬を使って治療を行う方法です。
そのとき使われる薬は、一般的に「プロペシア」や「ミノキシジル」、「フィナステリド」などがあげられます。これらの薬は、ネット通販等を利用して個人輸入することもできますが、クリニックできちんと処方されたものを服用するのが安心です。

再生療法は、頭皮に直接栄養素を注入して発毛を促す施術です。
成長因子を直接頭皮に注入し、髪の毛の成長を促したり、発毛を促したりする施術が一般的です。