生活習慣について

生え際に手を当てる女性

薄毛と一口にいっても、その症状の程度はさまざまです。
薄毛の症状が重度であるなら、クリニックや美容整形外科にて薄毛治療を行うという手があります。
自分自身で改善できないときは、医師に相談することが得策です。
しかし、薄毛の症状が軽度であれば、普段の生活習慣を見直して改善することで、薄毛の症状を予防・改善することができます。薄毛になりやすい生活習慣を改めて、髪の毛のコンプレックスを解消していきましょう。

まずは自身の姿勢から見直していくことが大事です。
姿勢が悪いと肩こりや首こりの原因になり、それによって血行が悪くなります。
血行が悪くなると、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなります。その結果、薄毛が引き起こされます。
姿勢にかぎらず、ストレスや睡眠不足など、血行を悪くするような生活習慣は正していくことが大事です。
また、普段行っているヘアケアの方法も見なおしましょう。
薄毛になりやすいヘアケアの方法の1つとして、「洗髪のしすぎ」があげられます。
洗髪をしすぎると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流されてしまい、髪の毛に悪影響を与えます。

また、朝シャンもできれば控えたほうがよいでしょう。
朝シャンは急いでしてしまいがちなだけに、すすぎや洗髪が雑になってしまうことがあります。